ホーム > スタッフブログ > 仲ちゃん > 質屋と「年末」

スタッフブログ

2014年12月22日

質屋と「年末」

質屋に質入れしていた品物を戻すことを、「出質(でびち)」と言います。

 


年越しにあたって、例えば飲み屋の掛け(ツケ)を清算しておく、というような意味合いでもって、出質をしておくという風潮が昔はあり、年末の質屋は出質が多かったそうです。今はあまり聞かなくなりました。

 

そして年末と言えばクリスマス。クリスマスプレゼントを質入れ・売却する人っているの?とよく聞かれます。男性諸氏には安心してほしいのですが、これもほとんどありませんから。

 

それでもごくたまには、赤と緑の包装紙でラッピングされたブランド品が持ち込まれますが、ほんとうにごくたまに、です。年末・クリスマスの時期に増えるという実感はありません。

 

ただ、年末大掃除!的な感じで、一度にたくさんの貴金属・ブランドバッグをお持ちになられる方が、この時期、増えるのも事実。掃除をしていて出てきたんですけどー、とかね。

 

いいなー、丁稚はクリスマスプレゼントを貰うあてはまったくないし、大掃除してもほんとにゴミしか出てきませんし。

 

クリスマスプレゼントで貰ったブランド品も、大掃除で出てきた貴金属も、喜んで査定致します!ぜひ一度、毛利質店の高額査定をお試しください!

 

 

ページの先頭へ戻る