ホーム > スタッフブログ > 仲ちゃん > 変り種のジュエリー

スタッフブログ

2014年10月20日

変り種のジュエリー

質屋で働いておりますと、たくさんのジュエリーを査定させていただくわけですが、とりわけ印象に残るのは、特注のもの。

 


金(きん)でつくられたスプーンや耳掻き、栓抜き、櫛というかコーム。ゴルフで使うクリップマーカー、芝生を均す「グリーンフォーク」もあったなぁ。金製のパターもあるようですが、丁稚はまだ扱ったことがありません。

 

あと、ニセモノが多いのですが、印鑑。「印台」と呼ばれる男性向けのゴツい指輪があるのですが、名前の通り、印鑑になっている指輪がありましたし、金で作った短い印鑑をペンダントトップにしてある物も。


他に、名前と生年月日、血液型を刻印してあるペンダントトップをよく見掛けます。「IDタグ」「ドッグタグ」と呼ばれ、つまり「認識票」。軍隊・兵士の個人識別用に使われている物が、アクセサリーとして広まったもの。

 

毛利質店は、どのような特注品でも、高額査定致します!

 

ページの先頭へ戻る