ホーム > スタッフブログ > 仲ちゃん > 時計メーカーの復興支援、オーデマピゲの場合。

スタッフブログ

2011年05月30日

時計メーカーの復興支援、オーデマピゲの場合。

突然ですが、ここで問題です。ててん!
 

 

「世界三大時計メーカーと言えば?」


 


 これについては、明確な定義がなく、諸説あるところです。知名度なのか、売上げなのか、歴史なのかで、意見が分かれます。時計に興味の無い人に聞くと、まっさきに「ロレックス」が挙がるのは定番ですな。

 

で。今回は、Wikipedia に答えを求めますと、
 

 

「ヴァシュロン・コンスタンタン」

「オーデマ・ピゲ」

「パテック・フィリップ」
 

 

となっています。時計雑誌でも、この3メーカーが挙げられることが多いです。覚えておきましょう、テストに出ます!

 

そのひとつに挙げられる、オーデマ・ピゲが、東日本大震災の被災地復興支援キャンペーンを行うというニュースがありましたので紹介します。

 

被災地復興支援キャンペーンSUPPORT JAPAN オーデマ ピゲ ブティック銀座

 

概要として、6つの支援キャンペーンが書かれており、その筆頭に、

 

「2011年7月に発売予定の【Royal Oak Offshore Ginza 7 Forged Carbon】は、ブティック銀座でのみ販売する200本限定モデル。


315万円(税抜・予価)の

10%を寄付いたします。」

 

ふむふむ?・・・・


315万円 × 200本 = 6億3千万円


6億3千万円の10%・・・・・6300万円!!


 

(゚Д゚)すげぇよAP!

 

時計を買うと、間接的に復興支援したことになる・・・・良いですね!ちなみにその限定の時計がこちら。

img02.jpg

他にも、壁掛け時計に「APを愛好する著名人のサイン」を書いてもらい、オークションに出品、収益の全額を寄付するというのですが、その著名人がすごい!
 

 

ミハエル・シューマッハ

ヤルノ・トゥルーリ

サッカー選手のメッシ

ジェイ・Z&ビヨンセ

アーノルド・シュワルツェネッガー



 

スゴイネー(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


 

丁稚がすごいな!と思ったのは、こちらの支援。

 

「6.被災されたAPの時計修理は工賃無償で復旧

今回の震災で被災されたオーデマピゲの時計のメンテナンスにつきましては、今後1年間工賃を無償で復旧いたします。」


いいですねぇ!さすがAP。

 

ところで、オーデマピゲを、質屋的には「AP(エーピー)」と略します。このキャンペーンHPでは、「JAPAN」の文字がすべて
 

 

「JAPAN」

 

と書かれています。「AP」は「JAPAN」と共にある!みたいなね!そんなキャンペーンロゴがこちら。
img01.jpg

質屋的にも、時計好きの端くれとして丁稚的にも!APを応援しています。

 

丁稚H

ページの先頭へ戻る