ホーム > スタッフブログ > 丁稚 > 金の仏具とおとなの事情

スタッフブログ

2013年05月13日

金の仏具とおとなの事情

旧聞ですが、こんなニュースがありました。景気がいいねぇ!と思った丁稚です。


 


高島屋新宿店に「金」専門店オープン 6億円の金塊など展示 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

6億円の金塊=120キログラム、と紹介されていますね。計算すると、1グラム=5,000円ですから、こういったニュースにしては、実際の値に近くリアルだなと感心しました。


丁稚が気になったのは、この一文。


金製品はかねて、相続税対策となる「仏具」のニーズがシニア層を中心に高かった


ハイ出ました!金の仏具。丁稚も昔、別ブログで記事にしました。


不況を吹き飛ばす|毛利質店の日常(丁稚Ver)

 

相続税法の第12条の二に、「墓所、霊廟及び祭具ならびにこれらに順ずるもの」は、「相続税の課税価格に算入しない」とある


つまり、


(゚∀゚)仏具は非課税だよ!!


ってことで、おのなの事情がゴニョゴニョ。


久しぶりに「金の仏具」と書かれたニュースを読んだので、調べてみましたら、たいへん興味深く、そしてわかりやすい記事を見つけたので紹介します。特に、金製仏具の購入をお考えの方は御一読を。


金の仏像で究極の節税対策:日経ビジネスDigital

 

「何千万円単位で仏像や仏鈴をいくつも所有していた場合は、すべてを非課税とは認めないケースも出るだろう。一般家庭で仏像が複数あると不自然であると認定された場合、過度な仏具は動産とみなされ、相続税が課せられることもある」





 

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


 

ま。庶民である丁稚には関係ないですけど(遠い目)。


 

丁稚

ページの先頭へ戻る