ホーム > スタッフブログ > 仲ちゃん > 1万円銀貨の偽物に注意

スタッフブログ

2013年12月16日

1万円銀貨の偽物に注意

旧聞ですが、こんなニュースがありました。注意喚起も兼ねて、ブログにしたいと思います。

 


 


本物知ってる?偽の1万円記念銀貨見つかる  社会  YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

質屋では、意外に記念硬貨の持ち込みは多いのですが、1万円銀貨はあまり見掛けません。10万円金貨はわりと持ち込みがあります、過去に別ブログに書きました。

 

日本の記念金貨を質屋的に考える|毛利質店の日常(丁稚Ver)

 

先のニュースによりますと、46枚の偽1万円銀貨が発見されたとのこと。財務省では、「不審な銀貨を見つけたら警察などに知らせてほしい」と注意を呼び掛けています。その不審点として、


・材質や重さはほぼ同じ

・直径がやや大きく

・側面のギザが少ない

・表の模様が白っぽくなっている

・裏側も文字が丸みを帯びていて、太字



 

(#゚Д゚) ムリじゃね!?



そもそも、ほとんどの人は本物を見たことがないと思いますし。やや大きい、ギザが少ない、って言われてもねぇ。


そんな時の為に!財務省に真贋を比べた画像がありました、こちら。


1万円銀貨真贋見分け方.jpg


偽造1万円銀貨幣が発見されました 財務省 より)

 

これはたいへんですよ、肉眼では判断つきかねます。

 

 

 

余談ですが、↑の画像を掲載するにあたって、丁稚は少々、躊躇しました。ブランド品・時計などの真贋を比較した画像や情報を明らかにするのは、質屋業界ではタブーとされているからです。偽物を製造する側に知られると良くないからですね。ただ、↑の画像は、財務省=MOFジャパンもTwitterに載せていました ので、注意喚起の意味でも良いと思って掲載しました。

 

 

  

現金を扱う仕事をしている人にとっては、ガクブルなニュース。丁稚も注意します!

 

丁稚

ページの先頭へ戻る