ホーム > スタッフブログ > 2021年2月

スタッフブログ

2021年02月26日

ファスナーの先駆者"エルメス"

<エルメスが1923年、世界初ファスナー付きバッグを開発>

 こんばんは。

冒頭にも書きましたが、今やバッグには必要不可欠のファスナー。

実はエルメスのボリードによって浸透していったのです!

ということで今回はボリード誕生と世界初ファスナーのルーツを辿っていこうかと思います~!


ボリードはそもそもは自動車移動の際を想定して作られたバッグ。

移動中、バッグの中身が飛び出してしまうことがないよう、ファスナーをつけたことが始まりです。
当時の社長が、第一次世界大戦中のカナダにおいて、軍用車の幌でファスナーをみて、バッグに組み込むことを考えたことが始まりでした。

この「ボリード」、発売当初の名前は「ブガッティ」でした。フランスを代表する高級自動車ブガッティから名前をとっており、その自動車は「走る宝石」とまで言われたとても美しく素晴らしいものだったのです。これが1920年のこと。紆余曲折を経て、「ボリード」という名前に収まったのが、1923年のことでした。 

 

  • ボリード エルメス に対する画像結果

 

 エルメスのバッグにおいて、ボリードが他の髄を許さないのは、やはりそのファスナーの存在。

ただ機能的であるというだけではなく、エルメスの最高級バッグとして恥じることのない美しさを保っていることもまた大きな魅力となっています。

前提としてファスナーが存在し、その金属部分を中心としてバックが組み立てられていくため、ミスマッチな金具としてバッグ全体のシルエットから浮いてしまうのではなく、しっかりと馴染んだバッグになっていくのです。

ボリード エルメス ファスナー に対する画像結果

 

ファスナーの良さというのは実際手に取っていただくことでより感じることができるかと思います

興味ある方ボリードのファスナーの美しさ。是非体験してみてください!

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。それではまた。。

2021年02月24日

エルメス バーキンの魅力

 こんにちは。

<高級ブランドの代名詞といえる、” HERMES ”について>

毛利質店でもエルメスの買取、ネットにて出品も行っています!

 

・エルメスのバッグ内側にある暗号

エルメスの創業は1837年。馬具職人であったティエリ・エルメス

パリに高級馬具製造の工房を開いたのが発端となった職人を中心とするファミリービジネスです。

20世紀に入り自動車が主要な交通手段となり、馬具の市場がどんどん縮小され、馬具の職人技術は存続の危機を迎えることに。エルメスは培われた職人の技を絶やさないためにも、

 

鞍作りに使われていた職人の手仕事を生かして、バッグなどの革製品を作り始めました。

 

 日本でも一つのバッグを作り上げるのに一人の職人がまる2日以上かけて作ります。職人一人一人が精魂込めて作りあげるバッグには、どのアトリエで誰がいつ作ったのかが分かる記号、アルファベット、数字が刻印されています

。そのバッグを作った職人が責任をもって修理することができるように・・

エルメスの刻印には大事な意味があったんですね~!

こういう豆知識があるとより面白いかと思います。

 

続いてエルメスの中でも不動の人気を誇るバーキンについてお話ししたいと思います。

イギリスの女優、ジェーン・バーキンと、エルメス社長の出会いがきっかけだったことはあまりにも有名です。

 

  • 当時のジェーン・バーキンは、Tシャツにデニム、そしてかごバッグというスタイルが定番でした。でも、そのかごバッグには仕切りやポケットはありません。

    ある日、彼女がパリからロンドンへ向かう機内でのこと。短時間のフライトでしたが、隣り合わせた男性と意気投合しました。いつものようにかごバッグを持っていた彼女は、その中にあったエルメスの手帳から、たくさんのメモをばらまいてしまいます。散らばった紙を拾うのを隣の男性に手伝ってもらいながら「どの手帳にもメモが挟みきれないの。バッグもポケットがたりないし」と嘆きました。そこで男性は彼女に提案します。「手帳を大幅に変えるのは難しいけれど、代わりに私のアトリエであなたの理想のバッグを作ってみましょう」と。そう、ジェーン・バーキンの隣に座り、意気投合したその男性とは、ときのエルメス社長、ジャン・ルイ・デュマ氏だったのです。

     

    デュマ氏は彼女の理想のバッグをさらさらとスケッチし、大切に持ち帰りました。そして「オータクロア」をベースに、たっぷりとした容量で、底が平らで安定感があって丈夫、エレガントなのにカジュアルにも持てる、夢のようなバッグを製作します。

    制作過程に携わった女性たちからもそのバッグの人気は高く、デュマ氏はバーキンさんに「君の名前を付けさせて」と依頼し、彼女はこれを快諾。

    こうして、「バーキン」が誕生したのです。

     

素敵すぎる。スタンディングオべーションしてしまうくらいです

バーキンの誕生にはこんな心があったまるストーリーがあったんですね!

もののストーリーを紐解いていくと、より愛着がわきますよね^^

今日はバーキンでしたが、また他もお話しできればなと思います。

 

最後に、、、

ジェーンバーキンさんとバーキン、コラボ写真ですソース画像を表示

2021年02月23日

音楽と洋服の融合

 おはようございます。

今日はスタッフの好きなブランド紹介をしていきたいと思います!

本日紹介するブランドは

LAD MUSICIAN(ラッドミュージシャン)です。

LAD MUSICIANは日本のメンズブランド(現在ではラッド女子と言われるほど女性の方でも◎

基本コンセプトは「音楽と洋服の融合」であり、音から得た不可視のインスピレーションを洋服という有形のものへと落とし込んでいるドメスティックブランドです。

その中でも存在感があり、男女問わず不動の人気を誇る柄物アイテムをすこしばかりではありますが紹介できたらなと思います!

花柄シリーズ 

・シャツ(2019年春夏モデル)

ソース画像を表示

 

シャツはオリジナル素材「デシン」というポリエステル100%のものでさらっとしていて着やすく、ドレープ感も絶妙です!!

・シューズ

ラッドミュージシャン スリッポン/モカシン(メンズ)の通販 13点 | LAD ...

 

・ブルゾン、キャップ、バッグ、シューズ(2018年春夏モデル)

LAD MUSICIAN 18SS - フラワー柄ショルダーバッグ入荷。 | ADDICT WEB SHOP

他ジャケット、パンツ(セットアップも組めます)、スウェット、ネクタイとバリエーション豊富です

鮮明とした綺麗な花柄なので、派手に着こなしても!ワンポイントでさりげないアクセントにしたり。。と服好きの方にはお気に召していただけるのでは無いかと思います!

気になるようでしたら是非ラッドミュージシャン公式ホームページチェックしてみてください。

毛利質店ではハイブランドだけでなく、ご紹介したドメスティックブランドなど

なんでも買取致します!

 お気軽に御来店くださいませ。

 

 

2021年02月23日

2021年02月23日

スティーブン・スプラウスへのオマージュ~レオパード・コレクション~

 こんにちは。

朝の寒さは身にしみるものの、日だまりの暖かさには春の到来を感じます。厚いコートなどいらない季節が待ち遠しいですね。

ところで今回は。

「可愛い!!」と思わず手に取ってしまう。そんなおすすめの財布を紹介したいと思います!

こちらのアイテム ↓ ↓ ↓

ルイ・ヴィトン ヴェルニ レオパード ジッピーウォレット 

Color:ブルーアンフィニ 

 

こちらは1980年代ニューヨーク・ポップカルチャーの巨匠、スティーブン・スプラウスへのオマージュ・コレクションのウォレット。

2001年春夏コレクションで、マーク・ジェイコブとコラボし、さまざまなロゴやパターンを生み出してきたスティーブン・スプラウス(1953-2004)をリスペクトし、2011年シックな新色に生まれ変わったレオパードプリントとして販売されました。

 この一目引くポップなグラフィティの始まりは、マーク・ジェイコブス友人の女優シャルロット・ゲンズブールの家に落書きされたモノグラムのトランクを見てそこからインスピレーションを受けたのがきっかけだそうです。

落書きをデザインにする発想。。斬新でクリエイティブですよね~

この機会に遊び心満載なルイヴィトンアイテムを一度手に取ってみてはいかがでしょうか・・!

今日はこの辺で、、それではまた。